咲いた草花 ハヤトウリ(隼人瓜) [参考] 最終更新:2010年02月23日
花と果実 ハヤトウリ_花部詳細
ハヤトウリ ハヤトウリ_花部詳細
開花から10〜20日で収穫可能な実ができます。漬物(おしんこう)として、とっても美味しいです
名 前: ハヤトウリ(隼人瓜) 草  丈: 草丈が10mにもなる
別 名: センナリウリ(千成瓜) 生育地:
科 名: ウリ科 仲  間:
学 名: Sechim edule 花言葉:
花 期: 9月中旬頃〜霜が降るまで 撮影地: 2001年 10月6日 自宅の庭にて
花の色: 緑がかった黄色 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 ・日本では最初に鹿児島に渡って来たため隼人の瓜ということで、ハヤトウリという名前になった。
特徴や類似品 ・つる性の植物。多数つける洋ナシ形の果実は中央に大型の種子を1個生じ、発芽まで果肉と種子が分離しない。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ