センブリ(千振)  最終更新:2010年2月5日
センブリ
リンドウ科センブリ属の二年草
学名, Swertia japonica
 
 2001年 10月7日 郡山市東山霊園にて

 乾燥させておき、胃の薬として飲みます。 とにかく苦いです。良薬は苦いのか?


薬草として利用され、生薬名は当薬(とうやく)という。

名の由来:千回振り出しても(煎じても)まだ苦いことによる。

山地の日当たりのよい草原に生える。
裸地にも生える。  全体に非常に強い苦味がある。葉は対生で、長さ2〜4cmの線形。 
センブリ_花部詳細
 花部詳細


花の中央に白い毛が生える。


合弁花で通常は5深裂する。4深裂も多い。

このものは、ムラサキセンブリだと思います。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ