樹木の花 ヒサカキ(姫榊) [参考] 最終更新:2007年3月26日
2002年 3月31日 自宅の庭にて
ヒサカキの花
これは雄花です。雌花は雌しべしかありません。
名 前: ヒサカキ(榊) 草  丈: 樹高4〜10m  
別 名: 生育地: 北海道と青森県を除く各地のやや乾いた山地。
科 名: ツバキ科ヒサカキ属 仲  間:
学 名: Eurya japonica 花言葉:
花 期: 3〜4月 撮影地: 2002年 3月31日 自宅の庭にて
花の色: 黄白色 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 名は姫サカキからついたもので、サカキに比べて小型であることを表しています。また、サカキに非(あら)ずの意ともいわれています。
特徴や類似品 サカキの代用品として、枝葉を神事に使います。葉のわきに小さなつぼ形の花が下向きに咲きます。黄白
色で強い悪臭があります。雌雄別株で、雌花は秋に紫黒色に熟す丸い果実をつけます。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ