咲いた草花 ホトケノザ(仏の座) [参考] 最終更新:2007年3月26日
普通の赤い花 白い花
ホトケノザ ホトケノザ(白花)
名 前: ホトケノザ(仏の座) 草  丈:
別 名: サンガイグサ 生育地:
科 名: 12345 仲  間:
学 名: 花言葉:
花 期: 3〜6月 撮影地: 2002年 3月16日 近くの野原で
花の色: 赤、白 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 ・茎の上の葉は2枚が向かい合って1枚のように見える。この形が仏様が座る台に似ているので、ホトケノザと言う名前がついた。
特徴や類似品 ・茎の上の方の葉は葉柄がなく、茎をつつむようについている。下の方の葉はほぼ円形で長い葉柄がある。
・茎は四角形で、下の方からよく枝分かれし、下向きの毛がたくさんははえている。
・春の七草のホトケノザではありません。春の七草のホトケノザは、タビラコ(大根)のことです。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ