樹木の花 イチョウ(公孫樹) [参考] 最終更新:2010年02月20日
イチョウの花
イチョウの花
これは雄花です。
名 前: イチョウ(公孫樹) 草  丈:
別 名: ギンナン(銀杏) 生育地:
科 名: Ginkgo biloba Ginkgo 仲  間:
学 名: 花言葉:
花 期: 4月末〜5月 撮影地: 2002年4月28日 自宅の裏庭
花の色: 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 いちょう、漢字だと銀杏または公孫樹とも書きます。いちょうという名前は中国名、「鴨脚(イーチャウ)」が転訛して和名になったということです。
特徴や類似品 雌雄異株(しゆういしゅ)の木で、花弁を持たない不思議な花を咲かせます。花期は4月末〜5月ごろで、風媒花といい風により受粉します。オスの木から飛んだ花粉が時には1000mも離れたメバナを受粉させることもあるそうです。この花粉から、鞭毛(べんもう)をもって自由にうごける精虫ができ、胚珠の核と合体する(受精する)事が、1895年、世界で初めて、東京大学の平瀬作五郎先生の手で確かめられました。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ