咲いた草花 アマドコロ(甘野老) [参考] 最終更新2007年3月26日
2002年4月28日 郡山市田村神社の森にて
アマドコロ(甘野老)
名 前: アマドコロ(甘野老) 草  丈: 多年草
別 名: 生育地: ・山地や丘陵の草原に生える。
科 名: ユリ科 アマドコロ属 仲  間: ナルコユリ
学 名: Polygonatum odoratum 花言葉:
花 期: 4〜5月 撮影地: 郡山市田村神社の森にて
花の色: 白 先端は緑 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 ・地下茎がヤマイモ科のトコロにて、甘みのあるところからこの名がある。
。葉は普通の緑のものと斑入りのものがある。
特徴や類似品 ・ナルコユリに似ているが、茎に稜があるのが特徴。斑入りの葉の品種もある。花は鐘形で色は白く、先の方は緑がかっている。
・アマドコロの場合は、花は一つの花柄から一〜二個ずつぶら下がっています。ナルコユリなら三個以上ずつついているはずです。
・花がなければ、茎を見ます。ナルコユリですと茎は丸いのですが、アマドコロは、稜がたっています。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ