咲いた草花 イワウチワ(岩団扇) [参考] 最終更新:2007年3月26日
イワウチワ_全体イメージ 花部詳細
イワウチワ_全体イメージ イワウチワ_花部詳細
名 前: イワウチワ(岩団扇) 草  丈:
別 名: 生育地: 山地の林の中,岩地
科 名: イワウメ科 イワウチワ属 仲  間:
学 名: Shortia uniflora 花言葉:
花 期: 4〜5月 撮影地: 2002年4月6日 郡山市中田町 母の実家の庭
花の色: 淡紅色 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 岩地に生え,うちわのように丸い葉っぱが名前の由来です。
特徴や類似品 ・葉は長さ幅とも2.5〜7cmの広円形で、先がややへこみ、基部は心形、ふちに波状の鋸歯がある。質は厚く光沢がある。
・葉の間から5〜15cm位の花茎を立て、頂に淡紅色の花を1個つける。花冠は直径2.5〜3cm。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ