咲いた草花 カタクリ(片栗) [参考] 最終更新:2007年3月26日
カタクリの群落 カタクリの花部
カタクリの群落 カタクリの花部
・四国や、九州では標高の高い山岳でしか、目にすることはできないらしいが、ここ、福島県では意外と低い場所で容易に見る事ができます。
・でも、白いカタクリにはまだあったことがないのです。
可愛い花ですね。
が終わった後にユリのように実がなりますが、この実を蒔くことで、芽だしができるか?
球根は深くてなかなか掘り出しが容易ではないようです。
名 前: カタクリ(片栗) 草  丈: 多年草
別 名: 生育地: 比較的日光の差す落葉広葉樹林の林床に群生
科 名: ユリ科 カタクリ属 仲  間:
学 名: Erythronium japonicum 花言葉:
花 期: 4月 撮影地: 2002年 4月6日 郡山市 逢瀬公園にて
花の色: 薄紫から桃色、まれに 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来  花の付けない片葉の葉の模様が鹿の子に似ているので「片葉鹿の子」。これが「カタカゴ」になり、さらに転化して「カタクリ」になった。
 また、実がクリのいがの中にある1つ1つの実に似ている事から、「片栗」と呼ばれるようになったという説もある。
特徴や類似品 早春に斑のはいった特徴ある葉を展開し、可憐な花を咲かせる。
カタクリは片栗であり、地下の球根からは片栗粉が作られる。球根は土壌の数十cmほどの深い場所に作られ、掘り取ることは簡単ではない。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ