咲いた草花 キクザキイチゲ(菊咲き一華) [参考] 最終更新:2007年3月27日
2002年 4月6日 郡山市逢瀬公園にて
キクザキイチゲ
・類似品にアズマイチゲがありますが、キクザキイチゲの葉は細かく裂けているので簡単に区別できるでしょう。
名 前: キクザキイチゲ(菊咲き一華) 草  丈: 多年草
別 名: キクザキイチリンソウ(菊咲き一輪草) 生育地: 山地の林の中
科 名: キンポウゲ科 イチリンソウ属 仲  間: アズマイチゲ
学 名: Anemone pseudo-altaica 花言葉:
花 期: 撮影地: 郡山市逢瀬公園の林の中
花の色: 淡紫色〜白色 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 花の咲く様子が、キクに似た花を一輪つけることから、キクザキイチゲの名になった
特徴や類似品 ・山地の林の中などに生える多年草です。花びらに見える顎は10〜13枚、晴れに開き、曇りや夜に閉じます。
・一本の茎に一つの花を咲かせるので一華と呼ばれます。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ