咲いた草花 キュウリグサ [参考] 最終更新:2007年3月27日
2002年 3月31日  2002年 5月4日 
咲き始め あたり前
これなんだろうという感じでした。 当たり前の姿になってきました。
名 前: キュウリグサ 草  丈: 10 〜 30 cm
別 名: キュウリモミグサ、ママゴトグサ 生育地: 日本全国の道端や畑
科 名: ムラサキ科 キュウリグサ属 仲  間:
学 名: Trigonotis peduncularis 花言葉:
花 期: 撮影地: 近くの草原にて
花の色: 瑠璃色 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 手でもむと、きゅうりのようなにおいがするので、キュウリグサと呼ぶそうです。
特徴や類似品 春になったばかりのころには地面にはいつくばったような小さい頃からもう花がついています。
日本全国の道端や畑などに生育している。花は約2mmと小さいながら清楚で、ムラサキ科の特徴をよく示している。もう少しかわいい名前でも良かったように思える。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ