咲いた草花 ミミナグサ(耳菜草) [参考] 最終更新:2010年02月23日
ミミナグサ_イメージ ミミナグサ_花部詳細
ミミナグサ_イメージ ミミナグサ_花部詳細
・茎は暗紫色を帯びて毛がはえ、上部には腺毛がある。 ・花弁は5個で先端は2浅裂する。萼片も5個。
名 前: ミミナグサ(耳菜草) 草  丈: 下部から枝を分け10〜30cm。
別 名: 生育地: 道端、畑などに生える。
科 名: ナデシコ科ミミナグサ属 仲  間: オランダミミナグサ(オランダ耳菜草)
学 名: Cerastium holosteoides var. hallaisanense 花言葉:
花 期: 4〜5月 撮影地: 2002年5月4 日 近くの田んぼ畔にて
花の色: 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 ・葉が鼠の耳に似ていて,若菜が食用になることからきているそうです。
特徴や類似品 ・帰化植物であるオランダミミナグサ(オランダ耳菜草)に押されてしまっているようです。
・茎は暗紫色を帯びて毛がはえ、上部には腺毛がある。葉は対生し、卵形〜長楕円状披針形、全縁で両面に毛がある。白色の小さな花をまばらに開く。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ