咲いた草花 ノミノフスマ(蚤の衾) [参考] 最終更新:2010年2月3日
ノミノフスマ_全体イメージ 花部詳細
ノミノフスマ_全体イメージ ノミノフスマ_花部詳細
・ハコベと見誤っていました。ハコベの仲間で、田畑の周辺や野原 などに生えます。
・茎にも葉にも毛がなく、地面をはうように広がります。
・花はとっても端正ですね。ハコベと比べると葉っぱが小さい感じがします。
・花は純白の五弁花ですが、花弁の基部近くまで裂けているため、 十枚の様に見えます。
名 前: ノミノフスマ 草  丈: 15cm程度
別 名: 生育地: 畑のふちや荒れ地などに生える1〜2年草
科 名: ナデシコ科  ハコベ属  仲  間: ハコベ
学 名: Stellaria alsine var. undulata 花言葉: いじらしい
花 期: 4〜8月 撮影地: 2002年 4月28日 田んぼの畔にて 
花の色: 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 衾(ふすま)は夜具の一種で、小さな葉をノミの布団に例えて名付けられました。
特徴や類似品 花は秋頃までまで次々と咲きますが、遅く咲いた花は花弁の発達が悪く、花弁の無いこともあります。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ