咲いた草花 ウスバサイシン(薄葉細辛) [参考] 最終更新:2007年3月26日
ウスバサイシン_イメージ 花部詳細
ウスバサイシン ウスバサイシン_花部詳細
名 前: ウスバサイシン(薄葉細辛) 草  丈: 多年草 10cm程度
別 名: サイシン(細辛) 生育地: 山地の湿った林床に生える。
科 名: ウマノスズクサ科 ウスバサイシン属 仲  間:
学 名: Asarum sieboldii 花言葉:
花 期: 3〜5月 撮影地: 2002年4月21日 郡山市逢瀬公園
花の色: 紫褐色 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 葉の質が薄く、根が非常に辛いことによる。
別名をサイシン(細辛)というのは,根を漢方で細辛とよび鎮痛,鎮咳,去痰に用いるためだそうです。
特徴や類似品 ・根茎の先に2枚の葉をつけ、地中に半ば埋もれたように紫褐色の花を咲かせます。花は、2〜4cmの花柄の先につき、直径約15mm。
・花弁状のがくは暗紫色で3裂し、裂片の先はとがる。
・根は、薬草として、咳止めや、口内炎に効能がある。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ