咲いた草花 ムラサキマムシグサ(紫蝮草) [参考] 最終更新:2010年02月12日
2002年 5月1日 郡山市逢瀬公園にて
ムラサキマムシグサ
名 前: ムラサキマムシグサ(紫蝮草) 草  丈:
別 名: 生育地: 明るい森林や谷沿いのやや湿った場所に生育する。
科 名: サトイモ科 テンナンショウ属 仲  間: リストマーク(赤) マムシグサ リストマーク(赤) ウラシマソウ
学 名: Arisaema serratum 花言葉:
花 期: 4月〜6月 撮影地: 2002年 5月1日 郡山市逢瀬公園
花の色: 紫色、茶色 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 茎(本当は茎ではない)には褐紫色の模様がある。これがマムシの皮膚の模様に似ているのでマムシグサの和名となった。
特徴や類似品 ・茎の模様、葉の形などが属は違うもののコンニャクとよく似ている。地下に球根ができるのも大きさは違うものの、一緒である。でも有毒につき食べてはいけない。
リストマーク(赤) マムシグサ リストマーク(赤) ウラシマソウ

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ