咲いた草花 タチイヌフグリ [参考] 最終更新:2007年4月19日
タチイヌフグリ_全体イメージ タチイヌフグリ_花部詳細
タチイヌフグリ_全体イメージ タチイヌフグリ_花部詳細
名 前: タチイヌフグリ 草  丈: 越年草。根もとからそう生して直立し高さ10〜20pになる。
別 名: 生育地: 畑地、道ばた、あき地などに多い。
科 名: 仲  間:
学 名: 花言葉:
花 期: 撮影地: 2002年 5月1日 近くの草原
花の色: 他画像: 2月のオオイヌノフグリ
3月のオオイヌノフグリ
[メモ] 名前の由来
特徴や類似品 ・オオイヌノフグリと花は似ていますが、ものすごく小さな花です。
・ 生育期間12〜7月。ヨーロッパ原産の帰化植物。
・オオイヌフグリは茎が地面を横にはうのに対し、本種の茎は根もとからそう生して直立し高さ10〜20pになる。葉は広卵形で対生し、オオイヌフグリよりも小さい。春に茎の上部に穂状に青紫色の花が咲くがこの花も小さい。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ