咲いた草花 カタバミ(傍食み) [参考] 最終更新:2007年3月20日
カタバミ_全体イメージ カタバミ_花部詳細
カタバミ_全体イメージ カタバミ_花部詳細
葉っぱが、虫に食われたように見えるますね。 黄色い花を上向きに開いています。
名 前: カタバミ(傍食み) 草  丈:
別 名: スイモングサ、カガミグサ 生育地: 道端や庭、畑に生える人里食物
科 名: カタバミ科 カタバミ属 仲  間: ムラサキカタバミ 7月  アカカタバミ 9月 
オキザリス 9月
学 名: Oxalis corniculata  花言葉:
花 期: 春〜秋 撮影地: 2001年 10月20日 近くの野原で
花の色: 黄色 他画像: 現在ありません。
[メモ] 名前の由来 ・ハート形の子葉の上半分が虫に食われたように見えるからカタバミ(傍食み)。
・葉をかむと酸っぱいのでスイモングサ、昔は鏡を磨いたのでカガミグサなどの名もあります。
特徴や類似品 ・茎が地面をはって広がり、葉のわきに五弁の黄色い花を上向きに開きます。果実は熟すとたくさんの種子をはじき飛ばします。
・よくクローバーと間違われるが、クローバーは葉の形状が丸く、全く異なる植物である。

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ