コウホネ(河骨)  最終更新:2007年2月23日
コウホネスイレン科コウホネ属
花期:夏
生育地:浅い池や沼

2002年 7月7日 郡山市逢瀬公園にて

コウホネは、根茎の内部が白く白骨のようでこの名が付けられた。葉は水中葉と水の上に出る葉があり、水上の葉は、切れ込みのある長楕円形である。

薬用植物です。

薬理作用: 平滑筋収縮作用。降圧作用、尿量減少作用、大量で呼吸運動抑制。

 

コウホネ_花部詳細
花部詳細

マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ