アゼガヤツリ  最終更新:2007年2月25日
アゼガヤツリ
カヤツリグサ科
別名

花期: 8〜10月

・夏から秋にかけて茶色い穂をつける1年草です。全国のあぜや池のふちなどの湿った場所で普通にみられます。
・アゼガヤツリは他のカヤツリグサの仲間と比べて葉や茎が細い感じがします。高さ30〜40cm。

2001年 9月29日 近くの田んぼの畔にて







花部詳細

花の頃に茎の先に苞葉が数枚と花柄が数本つき、一つの花柄には「小穂」と呼ばれる花の集まりがいくつかつきます。
アゼガヤツリの小穂は平たくて、茶褐色に色づき、光沢があります。


マーク(青) 直前のページへ戻る   マーク(青) Home(たけちゃんのページ)へ   マーク(青) 季節の草花Topへ