1.さつきとの出会い
  幼いころ、こんなに、こんなにきれいに咲き分けるつつじがある不思議だなーというくらいしか感じていませんでした。そのようなことくらいしか頭の中にはありませんでしたが、1975頃皐月の大ブームが起こり、私の住んでいる地域でも、あちらこちらの園芸センターはもちろん、ガソリンスタンドなどでも、鉢物の皐月を売り出すということがあった様に記憶しております。今では、一頃のブームは去りましたが私が皐月に興味を覚えたのもその頃でした。
紅梅
紅梅
日光
日光
大和の光
大和の光














2.さつき栽培開始の動機
樹齢3年ほどの若木

樹齢3年ほどの若木
 きっかけは今は亡き義父(妻の父)が盆栽が好きで五葉松やつつじなどと一緒に、皐月も趣味として扱っていました。俺もやってみたいなあと思いつつ、花の咲いてる時期に義父の庭を眺めては欲しい様な目をしていました。ということで、義父は作ってみっかということで、樹齢3年ほどの小指より細いの太さで樹高30〜50cm位の挿し木をした、さつきをいただきました。 

















3.さつき栽培の経過
 その後、さつき研究社の月刊誌を購入したりしながら自分なり皐月について研究し、はじめたばかりの一時期は小指程度の細いものを通信販売で購入したり、さつきの展示会へ出かけては、きれいと思えるものは、僅かなこずかいから、資金を捻出しとにかく安物を購入し、約30種類70鉢ほど、集めました。
 そのような過程で、種類と数は始めたばかり頃は多くを所有しておりました。























4.現在の状
 現在は鉢と数は少なくなってきました。 でも、いま残っているものは、入手時、小指ほどの太さでありましたが今では、どれも手首まではいかなくとも、幹回りは、どれでも10cm以上、根張りこけ順もともに良く、立派なものになりつつあります。しかし、鉢については巣鉢でして、とても他人には自慢できるものではありません。でも自分では25年もの長い期間よく育成できたものと関心しております。
                              
   花を待つ盆養木
 花を一杯咲かせた盆養木
     花を待つ盆養木                                                    花を一杯咲かせた盆養木










5.さつきの魅力
根張りの状態(華宝)さつきとの出会いで記載したように、なんと言ってもつつじもそのようなものもあるが一本の木でありながら咲き分けを演じる。(右下写真 日光の咲き分け
更に一年中葉がついており、秋になると種類によっては紅葉ばかりでなく、きれいな模様もでる。樹勢が強く管理しやすい。盆栽にすると根張りがよい(左の写真 華宝
他色々と魅力が尽きない。
日光の咲き分け















6.さつきとツツジの違い
植物学上には同じでツツジ科ツツジ属ツツジ亜属に分類され学名をロードデシドロンといって区別なし。
 一般的に6月前後に咲く遅咲きを総称してさつきと呼んでおり、また、花は新芽が開いてから咲くなどの違いがあるようだ。
























7.さつきの特徴
さつきは庭木や鉢植え、盆栽として鑑賞されますが一般のツツジと比較して次の点が特徴として上げられます。
  • 苗木の入手が容易である。
  • 樹勢が強く管理しやすい。
  • 生育が早い。盆栽にした場合、早くから十分鑑賞できる。
  • 花が美しく咲き分け、変化に富む。
  • 根張りが良い。
  • 花は主に春であるが、花ばかりでなく葉も秋には紅葉するなど四季を通じて楽しめる。
花を一杯咲かせた盆養木(咲き分けが綺麗)

を一杯咲かせた盆養木(咲き分けが綺麗)
華宝の咲き分け

華宝の咲き分け